トップページ >> 長野県暮らしサポートセンターとは >> ご挨拶

ご挨拶Greetings

会長 弁護士 柳澤修嗣

 長野県暮らしサポートセンターは、長野県労働者福祉協議会が行う「生活あんしんネットワーク事業」の一環として、職場に労働組合がない勤労者や退職した皆様および離職者が「ろうきん」や「全労済」などの労働福祉事業団体と生涯にわたって取引をしていただくための会員組織です。

 2008年9月29日に設立され、2019年5月17日には、創立10周年記念講演会・祝賀会も挙行されました。会員数は設立当初8,598名でしたが、現在は個人会員・団体会員併せて11万人を超えるまでに発展し、労働団体・ろうきん・全労済・生協さらには長野県市町村勤労者互助会・共済会連絡協議会など多方面の団体と連携し、勤労者の福利共済活動の促進、生活の安定と福祉増進を図るべく活動しています。

 会員の皆様には、情報提供活動として会報「暮らしノート」をお届けしています。暮らしに関するお得な情報、料理のレシピ、県内各地の隠れた名所の紹介などを掲載し好評を得ています。この他、長野県労働者福祉協議会が行う電話相談や専門家による法律・税務相談を無料で実施しています。 クレサラ問題、相続、離婚、更には消費者被害や特殊詐欺など私たちの身の回りに不安の種は尽きません。長野県暮らしサポートセンターは、これからも勤労者の生活全般をサポートし、皆さまのニーズに応えるパートナーです。

 大勢の皆様が暮らしサポートセンターの利用を通し生活の向上が実感できますように願っております。

会長 柳澤修嗣


組織概要Organization summary

名称

長野県暮らしサポートセンター


住所

〒380-8710
長野市立町978-2労済会館2階


連絡先

TEL:026(238)6170
FAX:026(238)6180


設立

2008年9月29日


概要Summary

長野県暮らしサポートセンターは、長野県労福協が取り組む生活あんしんネットワーク事業の一環として、職場に労働組合がない勤労者や退職した皆様および離職者が全労済やろうきんなどの労動福祉事業団体と生涯にわたって取引をしていただくための会員組織として2008年9月29日に設立されました。
長野県暮らしサポートセンターの会員になっていただくと、法律・税務相談―「悩み相談電話」-「心配ごと110番」の利用ができます。また、ろうきんの融資や奨学金の申し込みの資格を持つことになります。


活動内容Active contents

・金融・共済・住宅事業の地域展開支援
・中小労組・未組織勤労者支援生涯生活サポート事業


加入特典
長野県暮らし
サポートセンターとは
家計見直し診断フォーム 暮らしノート